トップコラム絵本コラム冬の絵本「おおきいツリー ちいさいツリー」

冬の絵本「おおきいツリー ちいさいツリー」

おおきいツリー ちいさいツリー

ロバート・バリー  作・絵
光吉 夏弥     訳
大日本図書株式会社

絵本

大きなクリスマスツリーのお話です。

もうすぐクリスマス。ウィロビーさんのお屋敷に大きなクリスマスツリーが届きました。

広間に立ててみると、あれあれ、天井につっかえたので、先っぽをちょん切られましたよ。

ちょん切られた先っぽは、こまづかいのアデレードの家のツリーになりますが、また、大きすぎて先っぽをちょん切られます。

ちょん切られた先っぽは、庭師のチムの家のツリーになりますが、またまた大きすぎて先っぽをちょん切られます。

何度も何度も先っぽをちょん切られますが、ツリーが届いたお家ではみんなが大喜び。

ツリーはだんだん小さくなりながらみんなに幸せを分けて行きます。

次は誰のお家に届くのか、ワクワクしながら読んでくださいね。

それぞれのツリーの飾りつけを想像するのも楽しそうです。

私は、切っても切ってもなくならないツリーが魔法みたいで面白いなあと思って楽しく読みました。

コラム作成者:江口 恭子

トップへ戻る