トップコラム絵本コラム子どもの事故防止啓発絵本「ヒヤリ・ハットマン」

子どもの事故防止啓発絵本「ヒヤリ・ハットマン」

子どもの事故防止啓発絵本「ヒヤリ・ハットマン」

発行/徳島県 作・絵/羽尻 利門

絵本

 徳島県から発行されたこの絵本は、毎日の生活の中には、"ヒヤリ"としたり、"ハッ"とするような危ない場面があることを子どもたちに伝えるために制作された絵本です。
「ヒヤリ・ハットマン」が世界を飛び回っているというお話です。
作・絵は、徳島県阿南市在住の絵本作家 羽尻 利門さんです。

 0才~6才の子どもたちが不慮の事故で亡くなることが多く、子どもたちの命を守るための事故防止の啓発として、徳島県オリジナルの絵本が作られました。

一般には販売されていませんが、各関係機関(県内の小児科、幼稚園、保育所、図書館、学童施設、子育て支援施設など)に配布されています。
図書館で借りたり、各関係機関で読むことができます。
電子書籍ポータルサイト「tokushima ebooks(トクシマイーブックス)」にも掲載されています。

 電子書籍版「ヒヤリ・ハットマン」はこちら

また、徳島県消費者くらし政策課消費生活創造室で絵本の貸出しも行っています。この絵本についてのお問合せは、徳島県消費者くらし政策課消費生活創造室(088-621-2499)までご連絡を。


子どもたちとともに身の回りにある危険に気づき、安全な生活ができるように心がけましょう。

コラム作成者:子どもの事故防止プロジェクト関係者ネットワーク会議委員 松﨑 美穂子

トップへ戻る