トップコラム子育てコラム兄弟げんか

兄弟げんか

コラム作成者:株式会社オアシス代表 大西さちえ

 

我が家は女・男・男・男の4人兄弟です。
長女と長男は派手なけんかもせずに育ちました。
二男もそんな感じで大きくなるだろうと思っていたら、男の子は違いました。兄としょっちゅう小競り合いです。
寄ると触るとけんかするなら離れていればいいのに、いつもくっついて、また小競り合い…。
「幼いうちにこのけんかのもとを摘まねば」と、二人の行動をよく観察することにしました。
けんかの原因はたいてい弟が作ります。
兄の大切にしているクワガタムシを勝手に触ったり、兄がしていることを邪魔したりするのです。
どうして「やめろ」と言われるのがわかっているのにそんなことするのでしょう。
お兄ちゃんのことが嫌いだから?
違います。
お兄ちゃんが大好きなのです。
かっこいいお兄ちゃんみたいに、早くなりたいのです。
だから、何でもかんでもマネするのです。
それがわかったとき、私はすぐに長男に伝えました。
「お兄ちゃんが大好きで、かっこいいと思っているからマネするんだよ。
だから、マネしたら困ることはしないようにしようね。弟を可愛がってあげようね」。
それから、兄弟げんかがぐんと減りました。

IMG_3861(2).JPG

▲阿波踊り当日、徳島へ向かう列車の中での貴重な一枚。

 

その後三男が生まれ、長男(当時5歳)が三男ばかり可愛がっていた時に、二男(当時3歳)が言った言葉が忘れられません。
「お兄ちゃん、おれも弟だぞ。おれもかわいがれよ!」
包み隠さず自分の気持ちを伝える弟を見て、長男がうれしそうに二人を可愛がったのは言うまでもありません。
高校生、中学生、小学生になった今でも、仲の良い兄弟です。

 

ohnishi(2).jpg

 

大西さちえ
株式会社オアシス代表
著書:『医者でも学者でもないフツーのお母さんが悩みに悩んで4人の子どもをいきいき育てるために見出した「性育」のはなし』

 

 

 

トップへ戻る