トップコラム子育てコラム私のあかりライフ

私のあかりライフ

この出口のないトンネルはいつまで続くのだろう・・・
と、今まで経験したことのない激しい痛みと向き合ったあの日から、あっという間の6ヶ月。
時間が過ぎてゆく速さと、我が子の成長の早さには、驚くほかありません。
16-06-23-07-48-09-692_deco.jpg

私たち夫婦の結婚記念日に生まれた、長女の名前は晄(あかり)。
まわりを明るく照らすような、あたたかい光を放つ子にと、この名前に決めました。
ただただ天井を見上げてたあかりが、今や私の姿を目で追ってくれるようになり、数日前から平地での寝返りも出来るようになりました。
何一つとして、見逃したくはないと思う毎日です。

が、そんなわけにはいかないのが、子育てのツラい部分です。
運動部だった私でも、ここ最近の暑さと、初めてがいっぱいの子育てで、体力の限界を感じるときもしばしば。
これからやってくる、母になって初めての夏を、無事に乗り越えられるか心配になってしまいます。

例えば、赤ちゃんを連れてのお出掛けは、想像していた以上に大変です。
抱っこ紐をつけたりはずしたり、ベビーカーに乗せたり降ろしたり・・・
お出掛け先でぐずぐず眠くなってきたら、抱っこしてゆらゆら~寝かしつけ・・・
ひとりで生活していた頃と比べたら、はるかに時間がかかり、体への負担も大きくなります。
そんな中でも、用事やお出掛けが段取りよくいくように、脳みそをフル回転させていますが、それがうまくいかないと、心がぽきっと折れそうにもなります。
"今日もまたあれができなかった~。""これはまた明日しよう。"なんていうのは、日常茶飯事です。
でも、そんな思い通りにいかないことも、あかりと過ごす時間の中に溢れる"楽しい瞬間"が忘れさせてくれます。

寝返りするのかしないのか、思わせ振りな足の動きが面白かった時。
あまりに眠すぎたのか、椅子に座ったまま眠りに落ちた時。
鼻の穴にお粥さんが入ってしまった時。
私があかりと過ごす時間には、楽しくて面白くて見逃したくない瞬間が、たくさんたくさん溢れています。
IMG_20160618_122733.jpg IMG_20160604_155250.jpg

16-06-23-07-54-20-806_deco.jpg IMG_20160618_100757.jpg

あかりが生まれるまでは、自分の人生だから、自分がやりたいように、自分が楽しいと思うことを優先して生きてきました。
でも今は、あかりが喜んでくれたらそれでいい、それが一番だと思っています。
私だけの時間はほとんどないけど、あかりと私の時間はたくさんあるのです!
16-06-23-07-47-06-577_deco.jpg

私は、あかりの写真を撮るのが楽しくて大好きです。
今は、私の自己満足でしかないのですが、将来、あかりが大きくなって見返したとき、喜んでくれてる姿を想像したら、まだまだ続けていきたいなと思っています。

あかりとの楽しい時間を創造する日々。
また今日も、なにか楽しいことはないかなぁ~と、二人でお話したり、お散歩したり、誰かと出会ったりするのでしょう。
私たちのあかりライフは、まだまだ始まったばかりなのです。
IMG_20160623_074945.jpg

コラム作成者:藤井 恵深

トップへ戻る