トップ支援者・団体向け研修会情報研修会報告令和元年度 第3回 被災児童保育ボランティア養成講座

令和元年度 第3回 被災児童保育ボランティア養成講座

日時

令和元年8月26日(月)13:00~16:00

場所

ときわプラザ 研修室1.2

参加者数

32名

「発達障がい児と災害」

講師:前川 あさ美さん(東京女子大学現代教養学部教授)

IMG_1882.JPG IMG_3207.JPG

『発達障がい』は見えにくい障がいであるため、災害時には周りの理解と配慮が必要となることから、災害時における発達障がい児に対する支援のあり方について学びました。

 

発達障がい

・親の育て方のせいではない
・成人してから発症するのではない
・治らないが適応はできる

災害時の家族

4つの不足
 居場所:音の反響やにおいなど感覚過敏の子にはいられない避難所、行き慣れた学校や店が
     なくなる。
 物資:手元に届かない救援物資、長蛇の列に並べない、こだわりが強すぎて使えない。
 情報:一般的な情報では役に立たない、特化した情報がない。
 理解:外からわからない障がい、コミュニケーションの困難さ、保護者への批判、支援を
    求められなくて孤立…
●災害時の子どもたち
 ・身体的変化:怪我が治りにくい  
 ・行動の変化:何度も同じ質問をする  
 ・気分・情動の変化:躁的・調子にのる
 ・記憶や思考の変化:フラッシュバック
 ・自己評価の変化:自己評価の低下
 ・対人関係の変化:対人不信感
●災害時の大人たち
 ・長く生きている分失うものが多い
 ・つながりが強い分、サバイバーズギルトが強まる 私が生き残っていいのかという罪悪感
 
・子どもへの責任感によって弱音をはけない 親が弱音を吐く場所作り←大事な災害時の支援
 ・経済的なことなど、家庭生活を守るためにせねばならないことがある
 ・疲労を感じる機能が低下➝抑うつ状態へ=バーンアウト 限度がわからず頑張りすぎる
  大人だからこそ子ども以上に傷ついている

災害時の子どもに必要な3つの安

●発達障がいのある子どもと家族に必要な支援は「安全」「安心」「安定」の保障だ。これら
は相互に係り合っている。
 「安全」:食事や睡眠を保障、衛生に気をつける。
 「安心」:一人でないことを伝える、繰り返す質問に忍耐強く答える。
 「安定」:もともとあった日課や習慣を回復する、活動が隔たらないようにバランスよく生活
     する。
 ・3つの安の中でも、安定は発達障がいをもっている子どもとその家族にとってすごく重
 要。 

●災害時に必要なもの
 ・防災リュックをオーダーメイドで準備する。​​​

グループワーク

●考えられる困難さについて
 ・災害時に発達障がいのある子どもと家族が体験するだろう困難さを具体的に想定してみる。
  ①災害前から準備できること
  ②災害時にできること
 「できること」というのを子ども自身、保護者、支援者の3つの視点から考えてみる。
●防災リュックの中身について【自分で書いてみる】
 ・気持ちが安心できるためのもの
 ・自分の身を守るためのもの
 ・一人で時間を過ごすためのもの
 ・屋外ですごすためのもの
自分について知ろう、知ってもらおう【自分で書いてみる】
 ・安心できること
 ・助けてもらいたいこと
 ・好きなこと
 ・嫌いなこと・苦手なこと
 ・特にわかってもらいたいこと
  防災には、準備が絶対必要。生き延びるには自分を知る。

地域でささえるということ

 ・支援活動の主人公は要支援者
 
 相手の主体性を軽視しないこと。地震で無力感を味わっているのに支援者が相手を無力化し
 てはならない。
 ・「助けて」がいいやすい環境←地域でつくっていく
 ・ナチュラルサポート
  問題や障がいとみえる所だけでなく持っている力や変化できる強さを理解していく。

 目の前の人から教わってオーダーメイドの支援
 教えてもらうことで支援が展開していくことをわすれないで!

感想

  • 実際にどのような思いを保護者が抱えていたのかを知ることができて良かったです。災害前の準備、発達障がいの有無にかかわらす、一人ひとりの子どもに対する理解を深めていくことの大切さを知りました。
  • 発達障がいに限らず、全ての子どもや人々に、相手に寄り添う事は必要なことだと思いました。子ども以上に保護者の心のケアも大事だと思いました。  
  • 発達障がい児は、環境によって障がいではなくなるということ。主人公は要支援者であることなど、常に寄り添った支援ができるよう心掛けていきたいと思います。
  • 避難所での具体的な困り感などを知ることができ、災害前からできることが増えた。

カテゴリー

トップへ戻る
チャットボット:何でも聞いてね

チャットボット

閉じる