トップトピックス熱中症に注意しましょう

熱中症に注意しましょう

熱中症が心配な季節です

早めに、しっかり予防を!
−−子どもは特に注意!!−−

1.jpg

☆徳島県の現在の暑さ指数及び今後の暑さ指数予報はこちら☆

 

7月に入り、熱中症による搬送数が急増しています!

みなさん、 熱中症に気をつけましょう!!

↓↓詳しくは総務省消防庁のホームページをご覧ください↓↓

☆【総務省消防庁】熱中症搬送状況(都道府県別)等はこちら☆

 

※暑さ指数とは、熱中症の発生しやすさとの関係がわかりやすい指標として、

労働環境、運動時における熱中症予防の指針として活用されています。

★暑さ指数21~25度が注意の目安です。(日本体育協会熱中症予防のための運動指針より)★

 

熱中症とは


体の水分と塩分の不足で起こります。症状により,熱疲労(軽度),熱けいれん(中等症),熱射病(重症)に分類されます。
初期の症状は,筋肉にけいれんや痛みを伴う症状があらわれます。症状がすすむと気を失ったり,吐き気などの症状があらわれ,さらに重症になると意識がはっきりせず,汗が止まって体温が著しく上昇し,最悪の場合,死亡することもあります。

                                                                   

熱中症の予防のために


1 暑い場所での長時間の作業,運動はできるだけ避けましょう。
2 スポーツドリンクなど,水分をこまめにとるようにしましょう。
3 体調が悪いときは,無理をしないようにしましょう。
4 外出時は,帽子などを着用し,できるだけ直射日光を避けましょう

5 首元を冷やすタオルやスカーフ等,熱中症対策グッズを有効利用しましょう。

熱中症かな?と思ったら

1 日差しをさけて,涼しいところに移動しましょう。
2 体が熱いときは,冷たいタオルなどで冷やしましょう。(うなじ,脇の下,太股の付け根など)
3 スポーツドリンクなど,水分をとりましょう。


以上のことができない時や,またはあまり調子がよくならない時は,早めに医療機関を受診することをおすすめします。  
 

カテゴリー

このページの先頭へ