BP1プログラムの特徴

 BP1プログラムの特徴

母子が一緒に参加できる

BP1プログラムは、赤ちゃんと一緒に参加するプログラムです。プログラムの途中で赤ちゃんが泣いても全く構いません。泣いたらあやしてあげてください。おむつを替えてもいいです。おっぱいやミルクをあげてもいいです。家にいる時のように過ごしてください。

気の合う仲間がみつかる

プログラムに参加するのは、初めて赤ちゃんを育てている同じ0歳児のお母さんたちです。月齢が近いこともあり、共感できることもいっぱいです。広くみんなと友達になる必要はありません。気の合う友達をみつけてください。

子育ての基本的な知識が学べる

プログラムでは、わかりやすく工夫された独自のテキストとDVDを使いながら子育ての知識やコツを学んでいきます。それらを知ることで、自分で考え、判断ができるようになります。そして、次第に子育てに余裕がうまれ、子育てを楽しめるようになります。

安心・安全を重視

プログラムを主催するのは自治体や医療機関など信頼できる団体です。また、プログラムを運営・実施するBPファシリテーターは、お母さん方が安心して安全に参加できるようトレーニングを受けたBPJから認定を受けた人たちです。

BP1プログラムに参加すると・・・

  • 子育て仲間ができます。
  • 赤ちゃんとのかかわり方をまなぶ中で、赤ちゃんがますますかわいく思えるようになり、親子の絆が深まります。
  • 他の親も同じように悩んでいることがわかって、安心したり、話し相手ができることにより育児の不安が解消され、ストレスが軽減します。
  • 孤立から解放されることで、子どもの虐待の予防になります。
  • 子どもの心身の発達を学ぶことで、焦らず、完璧を求めない「思春期から花ひらく子育て」をめざすことができます。

徳島県では、既に300名以上の親子が、徳島県のBPファシリテーターのもとでBP1プログラムに参加しています。
これまでに県内で開催されたプログラム一覧はコチラ

カテゴリー

トップへ戻る