トップ子育て支援情報地域子育て支援拠点事業地域子育て支援拠点事業とは

地域子育て支援拠点事業とは

公共施設や保育所、認定こども園、児童館、空き店舗等の地域の身近な場所で、 乳幼児のいる子育て中の親子の交流や育児相談、情報提供等を実施する事業です。

地域子育て支援拠点は
在宅で子育てをしているママたちを応援している乳幼児のお子さんとママパパが集える場所のこと。
「子育て支援センター」や「ひろば」 などと呼ばれているよ。

 

地域子育て支援拠点とはこんなところだよ
保護者同士や親子が交流できる場
子育ての不安や悩みについて相談できる
地域の子育て支援に関する情報を提供している
パパママ講座など、子育てに関するいろいろな講習を行っている
など

県内の地域子育て支援拠点一覧

土日開館している子育て支援施設

働くママパパたちのために利用しやすいようにと土日もあいている施設があります。

 マタニティさんや1ヶ月~の赤ちゃんも安心して利用できる施設

商店街子育てほっとスペースすきっぷ(NPO法人が運営)は、授乳コーナー・おむつ交換・お湯提供などのサービスはもちろんのこと、ベビーベッド3つ、バウンサー3つ、赤ちゃん用ふとん10枚完備していて0歳児さんの利用も多いので、ねんねやはいはいの赤ちゃんも安心して遊ぶことができます。

~すきっぷで開催されている赤ちゃんやマタニティさん向けのイベント~
●助産師さんによるマタニティDay
●マタニティーさんや小さなお子さま&ママへうたの贈り物
●マタニティーDay&おっぱいの相談
●ベビーデー※0歳児さん対象 など

毎週1回県内の子育て情報を配信しているメルマガもあり、すきっぷに行ってQRコードをゲットしよう。
プレイスペースには、県内で最多の子育て情報伝言板があるよ。

ショッピングセンター内にある子育て支援施設

徳島市子育て安心ステーションは、アミコビル5階、徳島市立図書館(こども図書館)に隣接されていて、おむつ交換・授乳コーナー・子育て情報コーナーだけでなく、託児も2時間まで無料で行ってくれます。但し、徳島市在住の方で、預かり対象年齢は、生後6ケ月~3才未満に限ります。図書館利用、お買いもの、リフレッシュなどさまざまな事由でもOKの短時間サービスです。
(1回に2時間まで、週1回利用。利用は無料ですが、保険料100円必要。事前登録制)

NPO法人子育て応援団レインボーはキョーエイ鳴門駅前店の4階でにこにこ広場を開催されていて、絵本の読み聞かせや手あそび、紙芝居などが行われています。また、出張にこにこ広場(場所:板東南ふれあいセンター(旧 川崎幼稚園)、開催日:祝日を除く月曜と水曜の9:30~14:30)おめでとう赤ちゃん訪問事業にも力を入れて取り組んでいます。

誰でも利用でき、室内がひろ~い子育て支援施設

吉野川市子育て支援センター「ちびっこドーム」  川島こども園3階のフロアがまるまる子育て支援施設になっています。天井も高く広く、ベランダもあり、子ども用乗り物・玩具や三輪車もたくさんあります。マンションでお住まいの方にも最適な空間でおもいきって動き回れる施設です。

アドバイス

とにかく、地域子育て支援拠点施設では、

  • 相互にお話しができ、ママたちと情報交換ができる
  • ママ同士や、スタッフや専門家の先生に子育ての相談が気軽にできる
  • 子育ての情報がたくさんもらえる
  • お子さんとママの友だちができる
  • イベントを楽しめる

など、各施設ごとに内容やイベントが盛りだくさんなので、事前にイベント情報、利用情報をチェックしておこう!

カテゴリー

このページの先頭へ