予防接種

定期の予防接種で、ヒブ(インフルエンザ菌b型)・小児用肺炎球菌・四種混合(ジフテリア・百日せき・ポリオ・破傷風)・BCG・麻しん風しん・日本脳炎・二種混合・ヒトパピローマウィルス感染症(子宮頸がん)を個別接種で実施しています。
 

 
種類 接種対象年齢 接種回数
ヒブの感染症
(インフルエンザ菌b型)
生後2~60ヵ月に至るまで 4回
(接種を始めた月齢により、接種回数が変わります。)

小児の肺炎球菌感染症

生後2~60ヵ月に至るまで 4回
(接種を始めた月齢により、接種回数が変わります。)
四種混合 生後3~90ヵ月に至るまで 4回
BCG 1歳に至るまで
(※5~8ヵ月がのぞましい)
1回
水痘 生後12~36ヶ月に至るまで 2回
麻しん風しん 1期 生後12~24ヵ月に至るまで 1回
2期 小学校就学前年度
(5歳以上7歳未満で小学校就学前1年間)
1回
日本脳炎 1期 生後6~90ヵ月に至るまで 3回

90ヵ月以降の予防接種は、つぎのとおりです。

  • 日本脳炎2期:9歳以上13歳未満
  • 二種混合:11歳以上13歳未満

予防接種費助成制度

里帰りなど、やむを得ない理由で県外で予防接種を受けられる人は、事前に手続きがあった場合に限り、接種費用(上限あり)の助成をします。詳細は市町村母子保健担当課お問い合わせください。

問い合わせ先:市町村母子保健担当課
 

カテゴリー

トップへ戻る