トップコラム絵本コラム「どんどこももんちゃん」

「どんどこももんちゃん」

「どんどこももんちゃん」

6f08cad8e4cd307e7d44cb1d111f6548.jpg       

作者 とよた かずひこ
出版社 童心社
発売日 2001年09月
 

  

どんどこどんどこ、どんどこどんどこ、ももんちゃんがいそいでいます。
橋を渡り、坂道をのぼり、ももんちゃんはいそいでどこかにむかっています。
クマさんにとおせんぼされても、どんどこ進んでいくももんちゃん。

ところが・・・

「かわいい!」「うちの子にそっくり!」
ママたちの間でも大人気のももんちゃん。
走って、転んで、泣いて、、、でも、どんどこ、どんどこ。

 

前向きに進んでいく力強さと、可愛さやリズムのよさで、こどもも大人も絵本の世界にひきこまれます。一度声に出して読んでみればこの楽しさがわかります。
ももんちゃんの明るさと可愛らしさ、豊かな表情、簡潔で大胆な展開、最後にホッとする魅力。 子育て中のママの不安な気持ちも飛んでいってしまうような力が、この絵本にはあるかもしれません。

0.1.2歳の子どもたちにピッタリ。一緒に読むおにいちゃん。おねえちゃんも、楽しめること間違いなし!
こどもは、絵本を繰り返し読んでほしいと言いますが、この本は、それが楽しくできる本です。こどもだけでなく、ママも、元気をもらえて、何度も読みたくなる絵本です。

ももんちゃんシリーズはほかにもたくさんあります。
ぜひみんなで一緒に楽しんで読んでみてくださいね。

                   絵本で子育て 講師 鈴江晶子

カテゴリー

トップへ戻る