トップコラム子育てコラムパワフル双子ママ

パワフル双子ママ

『 We link it to the next generation! 』~ 次世代に繋げていきましょう ~

はじめまして(^O^) パワフル双子ママこと、橋口 浩子(はしぐち ひろこ)と申します。

ワーキングママさん、子育てとお仕事の両立で悩んでいらっしゃる方は、多いと思います。

私もそのひとりでした。今日は、思い出話をきいてくださいね(^_-)-☆

 

娘たちが1歳10ヶ月のときに、起業し、只今9年目!3歳くらいのときだったかなぁ・・・

「Sちゃんの様子、少しおかしくないですか?」 と、心配そうな表情でスタッフが、飛んできた。

 

次女は、おもちゃ棚に持たれて座っていた。何がおかしいのか?わからなかったので聞いてみた。

その後、よく見ると…瞬きが多すぎる…それも、不規則な激しい瞬き。

思わず、次女を抱きしめた。大好きよ~と、たくさん抱きしめた。

長女の姿を探した。すると、長女は、指しゃぶりが、ひどくなっていた。

長女も一緒に抱きしめ、大泣きした。

 

我が子たちを、しっかりと見ながら仕事をしてきたのに、何故??

日々の娘たちは、とても良い子だった。

全く手がかからず、毎日、楽しく生活しているように見えていた。

 

現実は、見ていたつもりだったことが、真正面からぶつかってきた。

ストレスや負担となっていたんだと・・・・・。親として失格。随分落ち込んだ。

 

病院にいこうかどうか、迷った。原因は、愛情不足と確信していた。

一週間だけ、我が子たちのことを中心に生活することを決意した。

当時、スタッフは7人ほどいたので、日々の業務は、スタッフたちに任せた。

 

かわりばんこに抱っこしたり、二人一度に抱っこしたり、

ぱっぱ(おんぶ)したり、とにかく、親としてしたかったことをし続けた。

 

一週間もたたない間に、二人の症状はなくなった。

この時にいろいろ考えたこと。

 

何の為に働いているのか? 誰の為に働いているのか? 大切なものは、何か?・・・etc・・

 

働きながら、子育てをするということは、家族や職場の人たちが、何かしらのシーンで、

我慢することも、犠牲になることもあるだろう。

 

仕事をガッツリするためには、家族・職場とのバランスが大事。

一番大切なものを失ってしまう前に、気づかせてもらえたことに感謝している。

 

娘たちは、お利口さん。ママが一生懸命頑張っているから、ずっと、我慢していたんだよね。

子どもが、甘えん坊になる環境を作ってあげれていなかったことを深く反省。

 

世の中の頑張るママさんたちに伝えていきたいこと。

 

子育ても、お仕事も、楽しくするためには、自分自身と向き合う時間を作ること。

『 It's confronted with itself.  』 ~自分自身と向き合う~

 

子育ては、夫婦だけでするものではないですよ。

立派な大人になるためには、いろんな方との関わりや体験が必要で、

失敗・成功から、自ら学び取れる環境作り、関わリ方に焦点をあて、

意識して過ごしてみると、心に余裕がでてくると思いますよ。

 

誰の笑顔をみたいですか?

二人で可愛く決めポーズ♪寝ぐせがついちゃった二人で仲良く遊びます

 

いつも元気印の双子ちゃんたち♥有難う!もう、四年生(*^◯^*)

毎日、いろんなものをたくさん食べて、小学校にいく娘たち。

夜も、だいたい22時までに寝ています。よく笑い、よく泣き(笑)感情表現も元気いっぱい!

 

『 時計は時間を刻みます。 我が子の笑顔は心に刻まれます 』

家族のために、社会のために、そして、自分自身のために・・・・・

 

おそろいのドレスとポーズでハイポーズ家族でプリクラも撮りました

 

母親の役割を軸にして、お仕事を頑張ることが一番いい^^

小さな力ですが、心を込めて♡一生懸命に精進していきたいと思います。

 

親子でにっこり

 

橋口 浩子フェイスブック  https://www.facebook.com/kashinoki5489

 

カテゴリー

トップへ戻る