トップコラム食育コラム赤ちゃんとおやつ

赤ちゃんとおやつ

離乳食が進んでくると、おやつって与えてもいいのかな?と迷いますよね。
赤ちゃんは、生まれてから1年で身長は1.5倍、体重は3倍になり、幼児期もまだまだ体は成長途中のため1日に必要な栄養量は多くなります。
でも、1度に食べられる量は限られているため、3回の食事で摂れなかったエネルギーや栄養素を補うためにおやつが必要になってきます。このため乳幼児期のおやつは、食事の一部として穀類、芋類、乳製品、果物類などが理想です。
「甘食」ではなく、「間食(4回目の食事)」と考えてくださいね。

与え方のポイント

  1. 時間と量を決める
  2. 栄養バランスを考える
  3. お茶、牛乳などの飲み物と上手に組み合わせる

 

離乳食期のおやつ

離乳食の進み具合や食べられる量には個人差があるので、成長に合わせて調整してください。

 

幼児期のおやつ


幼児期に多く見られる「むら食い」のときなど、間食(4回目の食事)で不足しがちな栄養を補うようにしましょう。

 

☆夏にお勧め冷たいおやつ☆

【かぼちゃ豆乳羹】

かぼちゃ豆乳羹

材料

  • かぼちゃ  120g
  • 豆乳    150ml
  • きび砂糖   20g 
  • 粉寒天    4g
  • 水     180ml

作り方

  1. かぼちゃをラップで包み、電子レンジで約3分加熱し、裏ごしする。
  2. 鍋に水と粉寒天を入れて煮溶かし、きび砂糖と1を加え混ぜ、さらに豆乳を加えてよく混ぜる。
  3. 2を容器に入れ、粗熱を取って、冷蔵庫で冷やし固める。

 

☆電子レンジを使って簡単おやつ☆

【ほうれん草蒸しパン】

ほうれん草蒸しパン

材料

  • ホットケーキミックス 150g
  • ほうれん草      1/3束
  • 卵          1個
  • きび砂糖       大さじ1
  • 牛乳         100ml
  • 溶かしバター     大さじ1

 

作り方

  1. ほうれん草の葉先を茹でて、みじん切りにする。
  2. ボウルにホットケーキミックス、卵、砂糖、牛乳、ほうれん草の水気をさらに絞って加え、よく混ぜ合わせる。 
  3. 溶かしバターを加えて混ぜる。 
  4. 生地を耐熱容器(紙コップなども可)に5分目ずつ5個に分け入れる。
  5. 電子レンジ600wで2分かける。


おやつの時間は、食べる楽しみを増やすチャンスでもあります。子どもと一緒に手作りすれば、食べ物への関心を促す機会にもなりますよ。
親子で楽しいおやつタイムを過ごしてくださいね!

コラム作成者:とくしま食育推進研究会 佐藤 香代子

トップへ戻る